忍者ブログ

[PR]

2018年02月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名勝嵐山へ

2013年06月28日
超!超過去ネタ第2弾(汗

6月9日の日曜日に4駆仲間達と、超マイナーな道を繋いで丹後から京都の名勝嵐山へ観光に行ってきた。

丹後を出発して約1時間と少しはマイナーながらもまだ普通の道だったが、、、

IMGA0753.JPG

更にマイナーな道へ。

拍手[0回]

最初のうちはフラットな林道も、進むにつれ徐々に荒れた箇所かポツリポツリと。
切り通し通過では両方から落ちてきた大岩が邪魔するが、何とかギリギリ通過。
まあ、林業のお仕事用に作られた道なので軽トラがジャストサイズなんだろうケドね。。
生い茂った草村をかき分けさらに進むと整備された走りやすい道になり、更に舗装路となりぐんぐん下る。

R27に突き当たり、真正面に道の駅「和」

小休止の後、メジャーなR27を少し南下して左折しまたもやマイナーな道へ侵入。

001.jpg

よく手入れされた植林の中の超快適なダートを進む。
僕は先頭を走ってるからいいものの、後ろになるにしたがって砂煙がひどいと思う・・・汗

その後約10mのダートを抜け? 府道を進んだら本日のランチ。

DSCF1723.JPG

日吉ダムの下にある道の駅「スプリングひよし」にてBBQ!
ランチタイムを2時間と設定していたが、結局南極3時間ここでのんびりしてしまった。

さあ、まだゴールの嵐山は遠い。先に進もう。

00.jpg

日吉ダム(天若湖)左岸の林道に入り八木町へ抜けたらまた山越えで日吉ダムの上流へ(笑

そしてこれまた超マイナーな府道を抜けて京都市左京区へ入る。
と、まあ左京区といっても広いんだなこれが。
北山杉が美しい桂川支流細野川脇を進む。

そして最後の林道に入り、頂上付近では・・

IMGA0767.JPG

京都盆地の絶景!
といきたいところだが、少々霞がかかってボンヤリとした京都盆地が眼下に広がっていた。

この絶景ポイントで我々は7台の車を少し広くなった林道の脇に寄せて絶景を楽しんでいたのだが、そこに現れた格好もイケイケオフローダーのバイク野郎がごっつい勢いでアクセルを吹かして通り過ぎて行った。
おいおい、そんなにカッコ付けなくても・・なんて思って見てたら、案の定スローモーションのようにそれは起こった・・
ナント!バイクの後ろタイヤが飛ばした小石が、僕の高級車(この時ばかりはボローバーではないぞ!)のドアを直撃!
幸い小傷で済んだものの、フロントガラスでも割ってたら、人にでも当たって怪我でもしてたら災難でっせホンマ(怒
たぶん車で追いかけても追いつける可能性は無いだろうしねぇ。
オフロードバイクにかかわらず我々4駆も、一般車やハイカーに対する配慮のみならず常識的マナーを守って行動しなきゃいかんよね。
集団行動するなら尚更だ。大人が共通の趣味で集まって行動を共にしているんだから。
こんな事を痛感した今回の出来事だった。

そーいえば、先日の旅先で見かけた光景。

33fb74d9.jpeg

バイクはカッコいいんだが、大人の趣味の集団としてはどうかと思うのは僕だけでしょうか?

絶景ポイントから少し進むと本日の標高最高地点710mを過ぎ、後は舗装となった道をどんどん下って国道に合流し・・



IMGA0769.JPG

ゴールの嵐山に到着っ!
丹後を8時すぎに出発して、実に8時間・・・(大汗
休憩込みとは言え、今時高速も繋がって2時間弱で行ける距離を8時間もかけてやってきた嵐山!
しかも800円も駐車場代払って、渡月橋を観光客に交じって歩いて渡り、茶店で甘いもの頂いて観光は終わり・・・(爆

とまぁこんな感じで梅雨の休日を楽しんだ4駆クラブTAWDの林道ツーリングでした。
チャンチャン。


PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: