忍者ブログ

[PR]

2017年11月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

台高 宮川堂倉谷 後編 20120729

2012年08月02日
チャリ~ンチャリ~ン♪夢の中でハーケンの束が涼しい音で揺れている。
おおっ!今何時だ? 時計を見ると7時・・目の前を学生さんパーティが横切っていく。早いね~。
我々も起きてゴソゴソと片付けと朝食準備に掛かる。
昨日寝たのは何時だったんだろう?焚火を囲んで焼肉にホルモン、焼きそばとホルモン丼、ビールに泡盛etc
大いに食べて大いに呑んで、大いに笑い大いに語り合った至福の夜であった。
しかし僕は夜中の2時に腹痛を催し、いろんな意味ヤバかった事をしんちゃんは知らない(笑
歳を重ねる毎に体力も弱り、胃腸も弱っていくものなのだ。油っ濃いものをだんだん受け付けなくなる(泣
あと、何時だったか分からんが、すぐそばを飛ぶジェット機の爆音で目が覚めたような気がする。それ以外は爆睡。

8時に出発準備完了!筋肉痛の体にムチ打ってストレッチしているとベテランパーティが横切って行った。

IMGA0633.jpg

朝一イキナリから淵を突破。なるべく濡れないように・・・
この後すぐに堰堤を左岸から簡単に乗り越し、時々出てくる淵を泳だりへつったり。そして長い河原歩きとなる。

拍手[0回]


IMGA0636.jpg
ゴルジュの中の溝状

8時40分、谷は序々に狭まってゴルジュ状となり、中には滝が二つ。
どちらも楽しく直登できた。

IMGA0644.jpg
12m

また長い河原歩き。そろそろ飽きてきた頃に出てきた12mで行き詰る。どうもこれは直登出来そうに無いので右の壁にルートを求める。
抜けがどうか、上部の様子がよくわからんので、使わなかったら只の荷物のザイルを出すことに。
イバラが痛かったくらいで難なく終了。
立ち木でランニングを取ったのだが、
「あのランニングが無かったら、トップロープで滝身を登ったのに残念だった。」
と、しんちゃんがのたまう(笑

ザイルを撤収していると石楠花谷出合で抜いたベテランパーティーが追い付いてきた。
これを簡単に直登されたら悔しいけど拍手喝采だよね。なんて話してたけど、後で振り返ると同じ壁を登ってこられているようだった。よかった(笑

IMGA0646.jpg
2段25m

続く小滝を何個かこなし、10時10分2段25mの下に。
学生さんパーティに追い付いて少し渋滞。
ここでしばらく待つかとザックを降ろそうとすると・・臭い!獣臭い!
昨日も鹿がネットに引っ掛かって死んでたが、目の前の岩の上にイタチ?オコジョ?テン?の死体が同じ悪臭を放ってる。。
焦らすと悪いのであまり近付きたくないのだが、しょうがないので滝の真下へ。日が射して気持ちイイ。

順番が回ってきました。
僕はフリーで右のクラック沿いに登り、先行さんに追い付いたのだが、ナントしんちゃんは左をフリーで登って来た。
ザイル降ろそうか~?と一応言ってみるが、ザイルは彼が持ってるし・・・
中盤にちょっとヤラシイ所があったらしいが無事完登。ヤルヤルとは知ってたけど全くよーヤルわ。
続く上段に取り付いてみるがキッカケが掴めない。さっさと諦め左のルンゼから巻き上がる。
倒木を潜って泥付きを斜上し落ち口に出ると、すぐ上にトユ状2段18m。
下段は見るからにいけそうにないので左から越えるが、懲りないしんちゃんは果敢にアタック。が、諦めてついてきた(笑
上段は抜け口が少々狭そうだが、何とか行けそう。流水をかき分けジャミングで登り、最後の狭い抜け口に辿り着くが・・少々目測を誤ったようで体がスッポリとハマッテ進めない(汗
下から学生さんも見てるし、まさかここで引き返す訳にもいかないだろう・・ビールとホルモンで出っ張ったお腹を思い切り引っ込め、肩と腰の関節を外して(嘘)気合で突破する!ウオーッ抜けたぁ~~

IMGA0652.jpg
40m滑滝

その後もナメやら小滝やらが続き源頭の様相に。
その全てをシャワーで直登し最後まで遊ぶおっさん二人。

水が切れ掛かった頃ランチとする。
メニューはそうめん。薬味は乾燥ねぎと、昨日使う出番がなかったワサビ・・
しかしそうめんの分量を誤りさみしい昼食となった。ごめんねしんちゃん。

IMGA0654.jpg

少しお腹も膨らんで、水の無くなった谷をしばらく進むと背の低い笹のツメ。
黙々と登り12時49分に正木ヶ原と尾鷲辻の間の遊歩道に出る。
こんまま遊歩道を駐車場まで歩くこと約40分・・これが長かった・・

とりあえず車に荷物を突っ込み、簡単に着替えて温泉にGo
目的の小処温泉は本日休業と看板があり、仕方ないので上北山温泉に向う。
筋肉痛で少し離れた駐車場から温泉までが辛いこと(汗
なんとそこの露天風呂で声を掛けられたのが、渓中で幾度となくすれ違ったベテランパーティーの方々だった。
僕ももしかしてなんて思ってたんですが自信が無くて・・お声掛けいただきありがとうございました。

帰りはいつもの阪神高速のみ使用の下道の旅で帰郷は21時半。

しんちゃん、2日間いろんな事が有ったけど楽しい時間をありがとう。
PR
Comment
No title
先ほどはTELにて失礼しました。
次回は是非とも参加したいと思っておりましたが検討してみた結果、8月20日までの場合は難しいとの結論に達しました。
ついては9月に入って早々の沢予定の詳細がわかりましたら教えてください。
了解っ
今回は都合が合わず残念でしたが、次回も残念ですか・・了解しました。
早めに連絡しますので、またの機会宜しくです!

  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字