忍者ブログ

[PR]

2017年09月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どっこい生きてます

2012年05月06日
一年の内で職場が一番忙しい3月後半~4月前半が終わったと思ったら、今度は春祭りの祭典委員で毎晩子供達の太鼓と笛の練習。
まぁ毎年のことですが・・

祭りも無事に終わり、やっとゆっくり出来る黄金週間。
今年は和佐又キャンプ場をベースに「のんびり焚き火の相手+秘湯+大普賢岳」を楽しもうと。2日夜に雨の中を一路奈良吉野路へ。

某道の駅で車中泊。買い物を済ませて11時頃に雨のキャンプ場入り。
予報では3日の午後から天気は回復に向うハズだったが、結局は4日の夜まで雨時々突風(汗。
5日の最終日は快晴だったので、お片付けが順調に終わったのが幸いだった。

拍手[0回]

テントサイトから和佐又山山頂まで往復30と数分。
3日の山頂から見た大普賢岳方面はこちら↓
NCM_0398.jpg
まぁ、4日もこんな感じで・・つーかもっとガスってたか・・


4日に大普賢岳へ向おうと早朝4時半に起床。5時頃出発の予定で朝食をとるが・・・そこそこ降る雨に戦意を喪失し、またシュラフに潜り込む・・
結局滞在した3日間で3回和佐又山に登ってお茶を濁す格好だった(笑

快晴の5日はこれ↓
IMGA0299.jpg
アスペクト比が違うのは携帯とデジカメの違い。

焚き火は突然襲い掛かる突風で楽しめず、山登りもこんな事。
お楽しみの秘湯はここ 入之波温泉湯元 山鳩湯 へ。
僕は5回目?6回目?だが、やっと嫁さんを連れて来ることが出来ました。
しか~し ここに着くまでに路肩の落石でサイドウオールを切って左後輪がパンクっ・・・

そんなこんなで、雨と突風の中での焚き火のそばの読書も楽しめず、快晴となった3日目の午前中は片付けに費やすといった形となった今回のキャンプ。
心の余裕が無いというか何というか、テントサイトの写真はありません(笑

5日は11時頃にキャンプ場を出発。
峠道をオーバーヒートを心配して何度も休憩し、行者還トンネルを抜け天川村へ。
みたらい渓谷を観光して天の川温泉に浸かる。

この後は丹生川上神社下社、丹生都比売神社と巡って和歌山ラーメンを食べ、深夜の帰郷となった。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字