忍者ブログ

[PR]

2017年09月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久次岳

2009年11月15日
久次在住のLAさんと藪山トレッキングに行ってきました。
LAさんの自宅から41で狭い林道を進み、道を塞ぐ倒木をロープで引っ張って避ける作業付きで標高200m付近に駐車。ここからしばらく落ち葉の積もった林道を歩く。
祭祀の場か?大石と呼ばれるシメ縄が巻かれたデッカイ石から先はか細い踏み跡程度になる。踏み跡というかほとんど獣道ですね。
ズルズルとよく滑る植林の中を高度を稼ぎ400m付近から雑木の急斜面の藪漕ぎにかわる頃、左手の尾根の上に2頭の鹿のシルエットが。彼らの領域に足を踏み入れさせて頂いてます。
その尾根に乗ってしばらく、歩き始めから約1時間で平らな久次岳山頂541.4mに到着。木が邪魔して展望は無し。
コーヒーを沸かして昼食をとったあと、来た道?を忠実に下りました。
画像は苔生した倒木に生まれたばかりの杉。
s2IMGP3419.jpg

拍手[0回]

こちらは車を置いた場所からすぐ下の滝。
s2IMGP3425.jpg
真名井の滝でしたっけ?
この下にも2段あり、全体で3段10m位でしょうか?

LA宅に戻ると村長殿もやって来てRCミーティングが始まりました(爆)
特設クローリングコースです!
s2IMGP3434.jpg


PR
Comment
No title
これはこれはトマチマ殿!本当に楽しい登山をありがとうございました!!
僕にとってはなかなか経験できない事で、村長殿とまっちゃんに熱く熱く熱く・・・軽く一時間ほど・・・(^^;
語ってしまいました!!
んでも登山って面白いよネェ~
お疲れさまでした
あれ?あの後まっちゃんも来てたの?
普通の登山ぢゃなく道無しの藪漕ぎ登山だったのが面白みを増しましたね。
しかし、自分的には林道に惑わされて現在地が確定出来なかったのが反省点ですわぁ。久次岳は見えてない説も思いっきり違ってたし(爆)
また何処かご一緒しましょ!
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: