忍者ブログ

[PR]

2017年12月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりのローバーネタ

2012年09月08日
我が家のローバーを登録して乗り出してから1年が過ぎ、2人乗りの車中泊仕様(普通貨物登録)なので検査の期日がやってきた。

その間の走行距離約4800km。
最近ローバーネタが無かったのは、イベント参加や大きなトラブルなど、特に書くことが無かったから。
まぁ、トラブルといえば持病のオーバーヒートは何度もあったけど・・・(滝汗

IMG_0044.JPG

オーバーヒートの原因はこいつ↑
ラジエターのコアが冷却水内の不純物により詰まり、冷却性能が低下した為。

拍手[0回]

夏の渋滞や峠道では水温系から目が離せない。
何度路肩や駐車場でボンネットを開いてエンジンが冷えるまで待った事か・・・
「Fan to Drive」ならぬ「不安 to Drive Agein」だったのだ。

そこで、乗り出してから(ラジエター不良が判明してから)1年経って、やっとラジエター交換に踏み切った。
もっと早くしろよなって話(笑

清水の舞台から飛び降りてラジエター屋にTEL。
「コア換えで修理。ついでにコア増しなんか出来るかな?」との問いに「ガイシャはムリッ!」とのつれない返事・・・
「ならば新品は幾ら?」との問いには、値上がりしたのか?1年前に聞いた値段よりもかなり高い、目が飛び出る金額を提示された。。
そんな時、ある掲示板に書き込まれた「樹脂タンク+アルミコアラジエター入荷」を発見!
しかも価格は新品ラジエター定価の半分以下。
もともと純正新品を定価で買うつもりは無いけど、コア換え修理若しくは社外品新品をもう少し高い金額で予定していたので即座に在庫確認のメール送信。
送信先はわかる人にはわかる?惜しまれつつも終刊となった某誌の編集室ですね。

発注から2日後、大きな箱に厳重に梱包されたブツが届きました!

IMG_0042.JPG

開封すると・・おーっ!憧れのアルミラジエター!!
実際の話、他にもアルミラジエターって選択肢もあるにはあるのだが、それはワンオフ作製の目が飛び出るどころでは済まない超が付く高級品。
樹脂タンクという、今時の車ではメジャーな姿で作製されたアルミラジエターは、タンクとコアの継ぎ目から冷却水が漏れるとか、真鍮タンクに比べ樹脂タンクの耐久性は短いとか(路面の凍結防止剤による影響は大きいとの情報もある)心配な点も多々あるが、この価格でアルミの冷却性能を手に入れることが出来たのだ!(嬉

しかも、もう一つの利点は軽いということ!
実測で純正の真鍮製ラジエターは16kg、アルミラジエターは9.5kgと6kg以上も軽量化が計れた!スバラシイ。
軽量化といえば、どーでもいい電動革シートをなにか軽量な物にしたいのだが・・妄想・・

という事で、ラジエター交換とLLCの交換(50%指定)、エンジンオイル交換(シェブロン20W50)して、各部の点検グリスアップ、ブレーキオイル交換等々、作業を終了し検査も無事完了した。

ところでラジエターの詰まりの原因は何か?って話。
エア抜きプラグの穴から中を覗くと、白い堆積物がコアの穴周辺に沢山付着している。
ローバーV8は総アルミエンジン。LLCの濃度がメーカー指定の50%以下など、防錆性能が衰えた状態が長時間続くとアルミが錆びて、酸化アルミ成分が(よーするに錆の粉)が浮遊しラジエターのコアを詰まる。
との事。

オーバーヒートとはおさらばの快適ドライブが出来ることに期待!
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字